2015年09月17日

意識⇔無意識

私たちの目の前には沢山のものがあります。
散歩をすれば木々や風。室内に入れば家具や食べもの。
そして、周りの人々と関わりを持ちます。
木々の力強さ、風の気持ちよさ。食べ物のにおい。おしゃべりが楽しい。イヤなこと言われた・・・。

そんな日常をおくるあなたに質問。
「あなたにとって、とても大切な思い出は何ですか」
「幼いころの 家族はどんなあなたにとってどんな家族でしたか」

こんな質問をされたら あなたは、
(何を突然に。。急に言われてもすぐには思い出せないよ)
と思うでしょう。

しかし、時間をかければ思い出すことができますし
この目の前には無い 心の中にしまってある 色んなこと≠ェ
今のあなたをつくっています。

この心の中の色んなこと≠
『無意識』と呼びます。
この無意識が私たちの心のほとんどを占めていて
今 意識していることは 心のほんの数パーセント。

つまり もっと『無意識』に目を向ける必要があるのです。
よく心にトゲが刺さっているという表現をするように、、
そのトゲが何なのかを見つけて取ってあげる

それはつらいことかもしれませんが 大切な心の為ですから。
posted by ykatoh at 21:48| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする