2017年01月31日

30年後のお寺。

愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。

報告

平成28年の一年間「未来の住職塾」に通いました。

「未来の住職塾」は、宗派を超えた僧侶や寺族が集い、一年間をかけ10年後、20年後のお寺の姿を考える講座です。
講義では、マーケティング、財務、リーダーシップなど多角的にお寺を見つめ、今後の「寺業戦略」を作り上げてまいりました。

感想

事前の「未来の住職塾」の評判や評価は全く知りませんでしたが
思い切って受講を決め、本当によかったと思っています。

以前の私は、様々なお寺を観察し、そのお寺の良いところ(ex音楽やマーケットなどイベント開催、事業、地域との繋がりの強さ、境内の広さ など)と自坊 妙君寺 と比べては焦ってばかりいました。
しかし、今は違います。

【人生相談】という自分の使命が、明確になっているからです。
住職塾に通った1年間は、自分のお寺の事を360度から見つめ、考える事が出来る貴重な1年間でした。
集まる僧侶は、年齢も違えば、宗派、地域も違う。よって、受講生により使命や目的も違います。

「行ってみなはれ」

知ってて通わないならまだいい。
行きたかったのに知らなかった、ではあまりにも残念。。
そんな思いで、このブログを書いています。

私がlこの「塾」を知ったきっかけは
東大卒、MBA取得者でもある浄土真宗僧侶 松本紹圭塾長がグロービス(経営大学院大学)で講演をされた事です。その場にいた、早稲田大学の先輩が私に教えてくれました。

縁とチャンスは、どこにあるか分からない。ただ、手を伸ばして掴むかは自分の意思です。
日々法務を勤める忙しい住職だからこそ 深く学ぶ事の出来る機会だと思います。

本に、万とある寺社が人々一人ひとりの“救いの場”となることが私の夢です。

以下に、ホームページのリンクを貼ります。2月には体験講座も全国各地で開催され、本科も振り替え受講出来ました。
「未来の住職塾」

妙君寺 加藤雄燈
posted by ykatoh at 17:52| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする