2017年09月14日

からだ と こころに。

ゴホゴホッ と咳をする。

「だいじょうぶ?」と声をかけられる。

そう 声をかけられるだけで、からだも こころも 楽になる。

私たちは、言葉一つで気持ちが変わる。

不思議なのは、咳をした時 「だいじょうぶ?」 と体の症状を心配されているのに
心まで楽になる事だ。

そこには、「こころのやり取り」があるからだ。
心の籠った、言葉や振る舞いは、相手のストレスをことごとく取り除いてくれる。

祈りもそうだ。

自分の為に祈る、誰かの為に祈る。  その心と姿が、魂を癒していく。

昔から、お寺は、こころのストレスを取り除き、魂を癒す場所だ。

お坊さんに悩みを打ち明ける、話を聞く、写経をする、お経を読む。。

お寺には、さまざまな救いの手段がある。
今まで気づかなかった、素晴らしい自分に気づくこともできる。

妙君寺でも、写経、仏教のお話の会などを 開催しています。
一度、体験してみてください。
posted by ykatoh at 22:53| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

“ご縁”

愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。

お寺にいると、お坊さんをしていると
“縁”〜えん〜という言葉をよく耳にする。(し、私も口にする)

偶然に偶然が重なり 妙君寺に初めて参詣していただいた方がいる。
もうそれは本当に「ご縁」なのだ。

まぎれもない「ご縁」なのだけれども。

その時私は、この「縁」という言葉を使わずに、この感動を表現できないものかと思う。

出会えたこの大きな感動を、「ご縁ですね」という大正解の言葉に行きつく前に

言葉を尽くして表してみたいと思うのだ。

“ご縁”が、言葉が短くなっているこの時代に、会話をキレイに終わらせる“方法”であってはならないと思う。

想いが高まり募り、どうしようもなく絞り出される言葉であるべきだと思う。

言葉ひとつ。限られた時間と、会話の中で。
言葉ひとつ。こだわってみたいと思いました。

今回も、妙君寺のブログお読みいただいてありがとうございました。

それでも、“ご縁”って使いますよね(^_^)素敵な言葉ですから。

日蓮宗 妙君寺HP↓
http://www.myokunji.com
愛知県一宮市木曽川町黒田錦里11
TEL:0586-86-5054
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人生相談 悩み事相談 祈祷 納骨堂 永代供養 厄除け 交通安全 お祓い 厄払い 家相 葬儀 法事 供養 書道教室 習字教室 座禅 瞑想 写経 イオンモール木曽川近郊 大黒天祖父のページ
アメブロ     http://ameblo.jp/katoh11
シーサーブログ  http://myokunji.seesaa.net/


posted by ykatoh at 23:39| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

仏教は “みる”宗教!? 〜ご開帳に思う〜

愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。

ご開帳(ごかいちょう)って聞いたことありますか?
寺社の神仏のお像を、毎月1日や10年に一度など、日にちや周期を決めて
公開することです。

おおむね、お厨子(おずし)の扉を開くことで、ご開帳をします。↓
o0448033613837818265.jpg
お厨子(ずし)=神仏を奉安する社

開く時を限定する理由は?
仏像の価値を高めるため?
さまざまな理由があると思いますが

いつもは隠して、時に開かれる
その一番の理由は
「仏様に、会いたい!見たい!」
という恋慕する心を起こさせることなのです。

NHKの実験でやっていたが、仏教の祈りをささげている人の脳は
ものを見るときに働く「視覚野」が活発になっているという。
(他の一神教の宗教の祈りは、会話をするときに働く前頭葉が活性化される)

見ようとするところに、仏教の祈りがある。

いつでも見ることができる。会えると思うと、いつでもいいやと 行かなくなる。
というのが、私たちの心理です。

一期一会という言葉がありますが、一度一度の機会を大切にしていく。
一度の会うという事に、重きを置く。

家族、友人、同僚。。
会えるという事は、有難いことなのだと気付く。ことが大切。

とご開帳から、思うのです。

日蓮宗 妙君寺HP↓
http://www.myokunji.com
愛知県一宮市木曽川町黒田錦里11
TEL:0586-86-5054
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人生相談 悩み事相談 祈祷 納骨堂 永代供養 厄除け 交通安全 お祓い 厄払い 家相 葬儀 法事 供養 書道 習字 座禅 瞑想 写経 イオンモール木曽川近郊 大黒天祖父のページ
アメブロ     http://ameblo.jp/katoh11
シーサーブログ  http://myokunji.seesaa.net/

posted by ykatoh at 17:24| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

30年後のお寺。

愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。

報告

平成28年の一年間「未来の住職塾」に通いました。

「未来の住職塾」は、宗派を超えた僧侶や寺族が集い、一年間をかけ10年後、20年後のお寺の姿を考える講座です。
講義では、マーケティング、財務、リーダーシップなど多角的にお寺を見つめ、今後の「寺業戦略」を作り上げてまいりました。

感想

事前の「未来の住職塾」の評判や評価は全く知りませんでしたが
思い切って受講を決め、本当によかったと思っています。

以前の私は、様々なお寺を観察し、そのお寺の良いところ(ex音楽やマーケットなどイベント開催、事業、地域との繋がりの強さ、境内の広さ など)と自坊 妙君寺 と比べては焦ってばかりいました。
しかし、今は違います。

【人生相談】という自分の使命が、明確になっているからです。
住職塾に通った1年間は、自分のお寺の事を360度から見つめ、考える事が出来る貴重な1年間でした。
集まる僧侶は、年齢も違えば、宗派、地域も違う。よって、受講生により使命や目的も違います。

「行ってみなはれ」

知ってて通わないならまだいい。
行きたかったのに知らなかった、ではあまりにも残念。。
そんな思いで、このブログを書いています。

私がlこの「塾」を知ったきっかけは
東大卒、MBA取得者でもある浄土真宗僧侶 松本紹圭塾長がグロービス(経営大学院大学)で講演をされた事です。その場にいた、早稲田大学の先輩が私に教えてくれました。

縁とチャンスは、どこにあるか分からない。ただ、手を伸ばして掴むかは自分の意思です。
日々法務を勤める忙しい住職だからこそ 深く学ぶ事の出来る機会だと思います。

本に、万とある寺社が人々一人ひとりの“救いの場”となることが私の夢です。

以下に、ホームページのリンクを貼ります。2月には体験講座も全国各地で開催され、本科も振り替え受講出来ました。
「未来の住職塾」

妙君寺 加藤雄燈
posted by ykatoh at 17:52| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

修行は進んで。

愛知県一宮市 日蓮宗 妙君寺です。
水行フォト愛知県一宮市日蓮宗妙君寺ファイル_000.jpeg

昨年の12月21日冬至より、節分ご祈祷会(2月5日)まで
朝「水行」という水垢離(みずごり)を行うようにしている。

052 水行.jpg
本日は、大雪。
水をくみ出す、樽にも氷が張っていた。

10年前に水をかぶり始めたときは時は、いやいやながらやっていた時もあったし
水をかぶることは、偉いことだと思っていた時もあった。

しかし、修行というものは誰かから言われてやっているものでもない。
「嫌なら辞めればいい」 というものだと今は思う。

私が、朝に水をかぶるのは、節分のご祈祷に祈願を寄せる方々の祈願成就の為であるし、自分の罪の消滅の為でもある。

ただ、私が朝に水をかぶる事は、できる状態だからやらせていただいている。
午前6時に会社に向かう立場であれば、とてもできるものではない。

だから、修行ができるということはそれが辛くても、至極幸せなことなのである。

学生の皆さんは、本日でセンター試験が終わった。
勉強漬けの日々だったと思う、衣食住の心配なく「勉強漬け」にさせてもらえている事は
とても幸せな事なのだ と気付いた時が、大人になった時なのだろう。

日々に有難さがあふれている。 拝


日蓮宗 妙君寺HP↓
http://www.myokunji.com
愛知県一宮市木曽川町黒田錦里11
TEL:0586-86-5054
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人生相談 悩み事相談 祈祷 納骨堂 永代供養 厄除け 交通安全 お祓い 厄払い 家相 葬儀 法事 供養 書道 習字 座禅 瞑想 写経 イオンモール木曽川近郊 大黒天祖父のページ
アメブロ     http://ameblo.jp/katoh11
シーサーブログ  http://myokunji.seesaa.net/


posted by ykatoh at 21:20| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする